[FF14]「黄金茶室」厳(いつく)しき映ゆ金色の間

2020年10月3日

黄金茶室

当サイトをご覧いただきありがとうございます。
光の占い師リリー・コーラル(@setoaihara)です。

黄金茶室について

ハウジングメインでエオレンジャー、「souryu yamato(そうりゅう やまと)」さんの「黄金茶室」はどこを見てもまばゆい金色のゴージャスなハウジング!

ゴージャスな空間で撮影会をしたい!と足を運びました。

souryu yamato(そうりゅう やまと)」さんの作る数々の凝ったお家は、見る人見る人を圧倒させますね。

室内の様子

和室なので和服で撮ろう!と、ハウジング見学に同行してくださった「かべるね」さんとお部屋をいろいろな角度から撮影してきました。

座ってくつろげるお茶スペース

テーブルには「カットウォーターメロン」が添えられていました。

とても瑞々しくて美味しそうです。
(訪問日2020年9月2日)

黄金茶室

もしかすると季節によってお茶請けが変わるのかもしれませんね。

季節ごとに足を運ぶのも楽しみになるかも♪

上から見るとお茶とお饅頭も美味しそうです。

黄金茶室

座るお席も広々♪

お友達複数でテーブルを囲むのも楽しそうです。

少し引いた角度からのお写真はこちら。

黄金茶室

まばゆい!

そして後方には神棚までありました。

座敷飾りの違棚(ちがいだな)

お部屋の北東には刀の飾られた違い棚があります。

さすが和室!

和室を構成する「床の間」があり、「違い棚」、「地袋」、そして「刀」も飾られています。

和室の違棚は、書院造りの床脇の代表的な意匠で、2枚の棚板を段違いに張りだし、海老塚(えびづか)でつなげた棚なのだそう。
(引用:和室の基礎知識 その壱 知っておきたい和室用語

ハウジングの見栄えだけでなく、和室としての構成にも準じているなんてすごすぎます!

これは和装に映える…!

黄金茶室

ついつい舞ってしまいましたが、画になるのです…!

黄金茶室

床の間

黄金茶室

床の間は、座敷(和室)に見られる座敷飾りのひとつで、「ハレ」の空間である客室の一角につくられ、季節や行事にちなんだ掛け軸や花を飾り、来客をもてなすものなのだそう。

床の間の前は上座となり、主客などその場の中心となる人が座る場所となります。
(引用:和室の基礎知識 その壱 知っておきたい和室用語

黄金茶室

床板の色合いも素敵ですね。

衣紋掛け(えもんがけ)

黄金茶室

南東の方向には「衣桁」と「東方風化粧箱」が飾られています。

赤い床が高級感をアップさせていますね。

黄金茶室

引いて撮っても、寄って撮っても映えること間違いなし。

黄金茶室

今日はどの着物にしようかしら…なんて。

黄金茶室

くるくるとカメラを回しても、床も金色の空間に撮影をする手が止まりませんでした♪

ここで和傘も合いそうなので、また撮影しにお邪魔したいと思います。

黄金茶室の全体図

「黄金茶室」全体を引いた構図で撮影するのを忘れてしまったので、全体図は「souryu yamato(そうりゅう やまと)」さんのHPを是非ご覧ください。

住所はこちら

黄金茶室

▼Typhon ミストヴィレッジ14区9番地

おまけ撮影

リリーコーラル撮影

かべるねさん撮影

とても楽しい撮影でした。

和装デートにもよさそうですよね。

お写真だけでは伝わらないこの荘厳な雰囲気を、是非足を運んで体感してみてください♪